すべての子どもが尊重される社会の実現をめざして活動するNPO 法人です。

特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡

最新情報・TOPICS一覧

2021.03.31 更新

「ふくおか子ども白書2021」を発刊しました!(電子版も販売開始!5/25)

「ふくおか子ども白書2021」は、4号目(創刊から10年目)の白書となります。本白書のサブタイトルは「子どもの声が社会を変える」です。子ども自身の声、子どもたちを取り巻く課題解決に取り組む市民の活動状況から、コロナ禍の子どもたちのことを知り、課題解決のためのアプローチを探っています。

▶︎ 続きを見る

2021.09.17 更新

10/11(月)第7回こまちひろば開催します(オンライン)

NPO法人GGPジェンダー・地球市民企画の岩丸代表理事をお招きし、「プレイセンター」についてお話をききます。

プレイセンターは、ニュージーランド生まれの子育てのしくみ、子どもの自由な「遊び」と学び合う親たちの「自主運営」による活動です。(岩丸明江.親たちがつくる遊びと学びの場. 「ふくおか子ども白書2021」 p.132 より)

子どもも大人も楽しみながら共に成長していくことを目指す 「プレイセンター」の取り組みから、子どもにやさしいまちづくりについて、共に考える機会にしたいと思います。

【2021年度第7回こまちひろば】 
 日 時:2021年10月11日(月)19:00~21:00
 場 所:オンライン開催(Zoomミーティング)
 テーマ:親自身がつくる遊びと学びの場~地域のソーシャルキャピタルを拡げるプレイセンター
 講 師:岩丸 明江さん(NPO法人GGPジェンダー・地球市民企画 代表理事)
 参加費:500円 (事前クレジット決済)

【参加申込方法】

参加申込フォームはこちら

または下記事項にご記入の上、 info@npoccf.jp宛に(件名:10/11こまちひろば参加申込み) 送信してください。
<記入事項>氏名・所属・メールアドレス

フォームの方は自動返信にて、メールの方は事務局より、参加費のクレジット決済方法をご連絡いたします。
入金確認後、前日までにZoomの参加リンクをお知らせいたします。

こまちひろばスケージュールはこちら

2021.09.14 更新

フリースペースてぃ~んず オンラインで開催します

新型コロナウイルスの感染拡大が続きフリースペースてぃ~んずは活動を休止していましたが、9月19日・26日にオンラインフリースペースを開設します!

オンラインでゲームやおしゃべりを楽しみましょう♪

これまでフリースペースてぃ~んずに参加したことがある人もない人も、ちょっと暇だな~、誰かと話したいな~と思ったらぜひ気軽に参加してください。

オンライン フリースペースてぃ~んず

日   時:2021年9月19日(日)、26日(日) 14:30~16:00 

      ※ 好きな時間に参加してOK!

対 象 年 齢 :12歳~18歳くらい(中学生以上)

参 加 費:無料 ※前日までに申込が必要です

使用アプリ:Zoomミーティング

【申込方法】

①お名前 ②年齢 ③参加希望日時 をメール本文に、件名に「オンラインてぃ~んず参加希望」と書いて、

info@npoccf.jpまでメールを送ってください。

Zoomの参加リンク等を返信します。

分からないこと、不安なことがあれば、事務局(050-1743-5971)まで電話してください。

オンライン「フリースペースてぃ~んず」参加の約束

「フリースペースてぃ~んず」は、中高生年代を中心とした若者がのんびりと自由に過ごす居場所です。その場にいるひとり一人がお互いに心地よく過ごせることを大事にしています。オンラインであっても、最低限のルールを守って楽しい時間を過ごしたいと思います。

参加者が安心して楽しく過ごすために、以下の行為を禁止します。禁止行為が認められた場合は参加を停止することがあります。

  1. 参加用のリンクURL・ID・パスワードを第三者に知らせること。
  2. 参加中の写真・スクリーンショット、動画の撮影をすること。
  3. 参加者同士が個人的な連絡先を交換すること。
  4. オンライン中に知った参加者の個人情報を第三者に知らせること。また、個人のTwitterやFacebook等SNSに発信すること。

2021.09.01 更新

「ふくおか子ども白書2021」の発刊の集い を開催します

今年3月に第4号目となる「ふくおか子ども白書2021」を発刊いたしました。
この度、本号サブタイトルでもある「子どもの声が社会を変える」文化の実現をめざし、本号の内容をより多くの方とともに共有する機会として、「発刊の集い」を開催することとなりました。

白書編纂委員・執筆者から特集や各章の概要や編纂・原稿に込めた思いなどをお話させていただきます。

また、意見交換の時間も設け、今回の白書づくりに関わっていただいた方、関心のある方など多くの方と、子どもたちの声や白書づくりについて語り合う機会になればと思っております。

ぜひご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

※「ふくおか子ども白書2021」の目次はチラシをご参照ください。

「ふくおか子ども白書2021」の発刊の集い

日   時:9月 23 日(木・祝) 1 4:00~1 6:30

会   場:オンライン (Zoom ミーティング)

プログラム:

 ■特集Ⅰ~Ⅲ・全9章の概要について(編纂委員・執筆者より)

 ■意見交換

参 加 費:無料

【申込方法】

Google フォームから または 「お名前・ご所属・メールアドレス」 を明記の上、info@npoccf.jp までメールでお申し込みください。

※申込期限:9月 20 日(月・祝)

※特集Ⅰ掲載「コロナ禍の子どもの市民活動と今後に向けた調査」詳細版はこちら

※特集Ⅱ掲載「子どもの声が問いかけるもの 子どもの権利とQOLならびに新型コロナウイルスに関する実態調査」詳細版はこちら

2021.08.26 更新

9/13(月)第6回こまちひろばを開催します

▶︎ 続きを見る

2021.08.25 更新

【申込受付中】第34回フォーラム「新しい絆」

里親の新しい役割
〜子どもと家族を支えるショートステイ里親〜

新しい社会的養育ビジョン(2017)は、社会的養護下にある子どもだけでなく「全ての子ども」を切れ目なく支えていく姿勢が強調されたものでした。社会的養護から社会的養育へと変化したまなざしは、地域で暮らす里親にも新しい役割を期待しています。
今回のテーマは、その役割のひとつ「ショートステイ里親」です。地域の子どもと家族を支えていくために里親ができること、そしてその里親家庭を支えていくために私たちができることについて、明石市・福岡市のチャレンジを通して、共に考えます。

日  時|2021年10月2日(土) 13:30〜16:30
参加方法|zoomウェビナーによるオンライン開催(定員200名)
     お申込みはこちら (グーグルフォーム)から(※9/30(木)までにお申込みください)
参 加 費|無料
主  催|ファミリーシップふくおか(里親養育支援共働事業実行委員会)・福岡市

<第1部>

調査報告:里親ショートステイの全国実態調査から
     子ども家庭支援センターSOS子どもの村 センター長 松崎佳子さん

基調講演:明石市における里親推進の取組み〜ショートステイ里親になりませんか〜
     明石市 理事 兼 福祉局長 佐野洋子さん
昭和63年明石市役所に入庁。保健師として母子保健や健康づくり部門、福祉部門等で活躍してきた。明石こどもセンターの設置に取り組み、開設から2年間こどもセンター所長をし、現在明石市理事兼福祉局長として子どもと福祉の施策推進に取り組んでいる。

<第2部>

トークセッション:里親が支えること、里親を支えること
養育里親・ショートステイ里親を経験した方々をお招きして体験談を聴きながら、里親が支えること、里親を支えることとはどういうことなのか、一緒に考えます。