すべての子どもが尊重される社会の実現をめざして活動するNPO 法人です。

特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡

【参加受付中】12/11(土) 子ども・若者の居場所のつくりかた 子どもの権利としての居場所とは

子ども・若者には家庭・学校の他に、第3の場が必要と言われます。特に中高生を中心とした思春期以降の若者にとっては、自分らしく自由に、のんびりと、安心して過ごせる場は成長のためにも欠かせません。しかし、現実は、10代の若者は様々な不安や悩みを抱えながら、誰にも言えず、発散する場もなく、未来への希望も持てずにいます。この講座では、子ども・若者にとって、なぜ居場所が必要かを参加者と共に考え深めることと、実践している団体の報告を聴き、これからの「子ども・若者の居場所」のあり方を探ります。

日  時:12月11日(土)14:45~16:45
会  場:オンライン開催(Zoomミーティング)
参 加 費:無 料 (要申込み)
参加対象:子ども・若者の居場所づくりに関わる方、関わりたいと思っている方など

主催:特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡

(福岡市こども未来局こども健全育成課「若者のぷらっとホームサポート事業」委託)

 

*市民フォーラム「子どもにやさしいまちづくり」連携事業

 12/11(土)、12/12(日)に第20回市民フォーラムを開催します。

<プログラム>

■講演「子ども・若者の居場所のつくりかた」

 講師:山下 智也さん

    (北九州市立大学文学部人間関係学科 准教授・箱崎きんしゃいきゃんぱす 代表)

■実践報告 子ども・若者の居場所 紹介

 報告者:小野本 道治さん(NPO法人SFD21JAPAN 理事長)
 報告者:加藤 法子さん(ふり~すぺ~すえん 代表)

交流会

お申込みはこちら   *申込期限:12月5日(日)

2019年度講座レポート2020年度講座レポート