すべての子どもが尊重される社会の実現をめざして活動するNPO 法人です。

特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡

facebook

特定非営利活動法人子どもNPOセンター福岡

お問い合わせ

もっと知りたい

支援する

いますぐ応援したい

特定非営利活動法人
子どもNPOセンター福岡とは

すべての子どもが
尊重される社会へ

虐待や貧困、いじめや子どもの自殺など、子どもにまつわる悲しい事件が後を絶ちません。 一方で、子どもの可能性やエンパワメントを信じ、子どもと対等に向き合うため、ひたむきに活動を続ける人たちがいます。 子どもNPOセンター福岡は、それらの活動をつなぎ、互いの活動を認め合い、協力して活動を進めるためのプラットホームを作り、 そこから生まれる新しい価値を社会に提言していく組織です。
一人ひとりのできることは小さくても、それぞれの得意なこと、できることを尊重し、つなぎ合わせれば大きな結果が生まれます。 そして、そのプロセスそのものが、私たちが未来の子どもたちに残したい、望む社会のありかたともいえます。
これを読んでくださっているあなたもまた、その一人です。もし私たちのビジョン・ミッションに共感したら、ぜひ、活動に参加してください。

( 私たちのビジョン )

すべての子どもが
尊重される社会

それを、私たちは
「子どもにやさしいまち」
と呼びます。

(私たちのミッション)

市民の
「つながり」と「協働」
でめざす、
「子どもにやさしいまち」
の実現

子どもに関わる市民のネットワークづくりとNPO の基盤づくりを進め、すべての子どもが尊重される社会の実現をめざして、 ともに取り組んでいきます。

※「子どもにやさしいまち」とは、子どもの権利条約の自治体レベルでの実現をめざして、ユニセフが世界で展開している運動です。

( 私たちの理念 )

すべての子どもは、
生まれながらにして固有の権利を持っています。

*すべての子どもは、生きる権利、成長する権利があります。

*すべての子どもは、いかなる理由にもよらず、差別を受けるべきではありません。

*すべての子どもは、自由に意見を表明する権利を持っています。

*すべての子どもにとって「子どもにいちばん良いこと」を、判断の基準とします。


国連子どもの権利条約
https://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_rig.html

沿革

2004年2月 NPO法人子どもNPOセンター福岡設立総会(同年12月認証)
2005年 市民参加型里親普及事業(ファミリーシップふくおか)開始(〜現在)(福岡市委託)
2006年 子どもにやさしいまちづくりネットワーク(現:こまちひろば)発足
2008年 「若者ぷらっとホームサポート事業」開始(福岡市委託)(〜現在)
ブックレット「新しい絆を求めて」発行
2011年 ふくおか子ども白書2011(第1号)発行
2012年 「子どもの学びと居場所づくり事業」開始(福岡市委託・共同事業体)(〜2016年度)
ふくおか共助社会づくり NPOと行政の協働部門受賞(福岡県)
2014年 ふくおか子ども白書2014(第2号)発行
2015年 全国フォーラム「里親推進フォーラム福岡」福岡市と共催
2018年 ふくおか子ども白書2018(第3号)発行
2018年 「子どもアドボケイト養成・プログラム開発事業」開始(財団助成事業)